葉酸ってなに?

葉酸というのは、水に溶ける水溶性ビタミンの一種なのですが、ビタミンBの一種です。
ほうれん草のような緑黄色野菜に豊富に含まれている栄養素になります。
さいきんでは、妊活中の女性の間で葉酸サプリが主流になりつつもあります。

では、この葉酸はどのような働きをしているのでしょうか。

葉酸の働きって?

葉酸というのは、たんぱく質や細胞を作り出す時に必要不可欠なDNA、核酸といったものを合成するうえで非常に大切な役割をしています。
そのため、赤血球の形成を助けたり、細胞分裂を正常に行ううえで重要な働きをしているのです。

葉酸というのは、ビタミンB12と協力をして血液を作り出している働きがあります。
葉酸が不足してしまうと、ビタミンB12が不足してしまい、巨赤芽球性貧血と呼ばれる悪性の貧血を引き起こすことがあります。

さらに、妊娠初期における女性が葉酸を十分に摂取することによって、胎児の神経管閉鎖障害と呼ばれる病気の発症を軽減することができるということもわかっています。
さらに脳卒中や心筋梗塞のような循環器系の疾患を予防することに繋がると言われているのです。

葉酸はどんな食品に多く含まれているの?

葉酸というのは、食品に多く含まれているのですが、最も多く含まれているものはレバー、枝豆、ほうれん草にブロッコリーのような緑黄色野菜になります。

では、どのくらい摂取すれば良いのでしょうか。
日本人というのは比較的多くの野菜を摂取しているので、欠乏というほどの心配はありません。
しかし、妊娠中の女性というのは必要な量が通常時の2倍にもなるといわれているため、積極的に摂取をしなければならないのです。

特に、若い女性が極端に食事制限におけるダイエットによって葉酸不足になってしまうと、初期の妊娠に気づかずに胎児に悪影響を及ぼすということになります。
妊娠の可能性のある女性は、ダイエットをするのは良いのですが、それと同時に緑黄色野菜をしっかりと食べるように意識しなければならないのです。

葉酸はなるべく生野菜から

葉酸は加熱することで破壊されてしまう不安定な栄養素です。
そのため、葉酸を野菜から摂取するのであれば、サラダから摂取するようにしましょう。
スープなどにしてしまうとせっかくの葉酸の摂取量が減少してしまいますからね。

葉酸サプリ